チェ・ジェチョル 八戸を行く ♯01 八戸の芸能人(びと)を訪ねて

2016年2月18日(木)~21日(土)

はっち、GARO、八戸酒造(INSIDENTS会場内)

 

韓国太鼓演奏家のチェ・ジェチョルが、太鼓を携え八戸のあちこちを訪れる旅。第1回の今回は、八戸えんぶりのベテランの舞い手・高橋常男さんとともに語り、奏で、踊ったり、八戸の音楽家たちとライブをしたり。朝から晩まで、えんぶりで賑わう八戸の街を楽しむ芸能の旅。どんな出会いが待っているのか、そして八戸の食とお酒も、とっても楽しみです。


■企画1.世界一尊敬する芸能人(びと)・髙橋常男さんと語る

僕が初めてえんぶりを見たのは数年前。そしてある時、恵比寿舞を踊る髙橋常男さんの動画を発見しました。なんてかっこいいんだろう!!その日から僕は、髙橋さんに会いたくて会いたくて、そして縁あって昨年10月に初対面、さらにえんぶりに合わせて対談をさせてもらえることになりました!髙橋さんの恵比寿舞はなぜあんなにも人の心を掴むのだろう?そして僕が普段踊っている韓国の芸能「農楽」も、「えんぶり」も国や表現は違えど同じ田楽の一種。共通点や違いを発見する時間になればと思っています。

◇日時 2月18日(木) 14:00~15:30 参加無料

◇会場 八戸ポータルミュージアム はっち1階はっちひろば

◇テーマ「えんぶりと韓国農楽の舞い手が語る」

◇出演 髙橋常男(八太郎えんぶり組)、チェ・ジェチョル(韓国太鼓・音楽家)、コメンテーター:古舘光治さん(歴史“楽”者、是川縄文館館長)、進行:今川和佳子(アートコーディネーター)

 

■企画2.八戸の音楽家たちと触れ合う

7月、10月と2回八戸に滞在する中で、とっても面白かったのは、夜の街・横丁に出かけることでした。

横丁で美味しいお酒と食を楽しみ、そのあと地元の音楽家たちが集まるというバーに行くと、ギターを弾き歌ったり、またそれを楽しむ大人たちに会いました。僕は芸能だけでなく、ギターを弾いて歌を歌うということも大好きなので、そんな八戸の人と共演してみたいと思いました。今回いっしょにやるのは、ポール佐藤さん。やさしい音色と歌声、そして独特の「間(ま)」が素敵なポールさんと、僕のオリジナルの曲を中心に、2夜にわたって演奏してみます。

◇日時 2月19日(金)・20日(土) 19:00~21:00 

◇会場 昭和思い出酒場ガロ(八戸市六日町、十六日町との交差点の角のビルの2階)

◇チケット 2,500円(1ドリンク・軽食付き) ※チケットは1/25よりGAROにて取扱開始

◇出演 ポール佐藤(シンガー・ソングぺインター)、チェ・ジェチョル(韓国太鼓・音楽家)

 

■企画3.えんぶり× 酒蔵 × ソルチャング

八戸を中心としたの同世代のアーティストのみなさんによる現代美術展[INCIDENTS2016]とのコラボで、築100年の歴史を持つ八仙の酒蔵でチェが踊ります。八仙と出会って僕は日本酒に目覚めたっていうくらい、大好きなお酒です。一緒に踊るのは、なんと!えんぶりの恵比寿舞の高橋常男さん!キャー!!!!えんぶり×酒蔵×ソルチャング×現代美術、果たしてどんな空間になるのか、乞うご期待!

日時:2月21日(日)14:00~

会場:陸奥八仙酒蔵(現代美術展[INCIDENTS2016]会場内)

八戸市湊町本町9番地 八戸酒造株式会社 tel:0178-33-1171

出演:チェ・ジェチョル(韓国太鼓)、高橋常男(八太郎えんぶり組)

観覧方法:ご予約やチケットは不要です。直接会場にお越しください。

入場料:市民パトロネージュ制 ※お客様のお気持ちに見合った額をお支払いいただく仕組みです。金額の多寡は問いません。

 

 

■企画・お問合せ:チェ・ジェチョル、PROA LLC.(wakako@proa-llc.com/tel.090-5781-5319)

■協力:八太郎えんぶり組、八戸ポータルミュージアムはっち、八戸市教育委員会(文化財G)、昭和思い出酒場ガロ、八戸酒造株式会社、INCIDENTS2016実行委員会、仔鹿ネット