「踊りに行くぜ!!」Ⅱ vol.6 八戸公演

2016年2月7日(日)15:00開演

八戸市公民館(公会堂文化ホール)

 

「踊りに行くぜ!!」Ⅱは、“ダンス作品”の新作づくりに取り組むプロジェクト。今をともに生きるアーティストが、それぞれの手法で「今」を鋭く洞察し、切り取り、また背景にして立ち上げていくダンス、それがコンテンポラリーダンスです。ダンス作品を通じて、「今」をのぞいてください。 

地元創作作品の上映もあり。作・演出・構成は岩岡傑(アムステルダム在住)、振付・アドバイザー磯島未来(八戸出身)、出演として嶋崎彩乃、田中稔、田茂敦。

5年ぶりに八戸に帰ってきた「踊りに行くぜ!!Ⅱ」お見逃しなく。

 


■上演作品・アーティスト・出演者概要

『Movement Research - Phase』梅田宏明(東京)[出演:Somatic Field Project]

『ナレノハテ』 目黑大路 (鳥取)[出演:目黑大路、佐々木治己、中西レモン]

『けっ!』 岩岡傑(アムステルダム)[アドバイザー・振付:磯島未来、出演:出演:嶋崎綾乃、田中稔、田茂敦]


■チケット

料金: 一般=前売2,000円/当日2,500円   学生=前売1,000円/当日1,500円

未就学児のご来場については、お問い合わせください。(未就学児は無料)

【チケット予約】

オンライン予約…

JCDNダンスリザーブ ―ダンスオンライン予約サービス― http://dance.jcdn.org/ 

「踊りに行くぜ!!」Ⅱの全てのチケットはこちらで予約可能! JCDN会員への割引サービスあり。

窓口販売…

八戸市公会堂 0178-44-7171 、八戸ポータルミュージアムはっち 0178-22-8228 、南郷文化ホール 0178-60-8080

【問い合わせ】

八戸市まちづくり文化推進室 0178-43-9156  


内容詳細

Aプログラム/ダンスプロダクション 【全国公募・新作】

作・演出家・振付家が、作品に必要な構成メンバー(美術・音楽・映像など)を編成し作品制作を行います。

 『Movement Research - Phase』梅田宏明(東京) 

個の体で起こる動きのシステムを、個を越え複数のダンサーにまで拡張し、ダンスにおける個と群の境を無くし、一つの統一体として動きを作り上げる試み。タイトルの「phase(位相)」にあるように、ダンサーの動かす部位や立ち位置など、梅田が開発した動きのメソッド「Kinetic Force Method」を基に、ダンスにおいての空間的要素とその関係性をテーマに動きと振付を作る。

振付:梅田宏明  ライティング & サウンドデザイン:S20 出演:黒田なつ子、幅田彩加、江角由加、中村たから   

 

梅田宏明/ウメダヒロアキ 

振付家、ダンサー、ビジュアル・アーティスト。 2002年に発表した『while going to a condition』が高く評価され、フランスのRencontres Choréographiques Internationalesに招聘される。 以後、パリのシャイヨー国立劇場共同制作『Accumulated Layout』や、YCAM共同制 作作品『Holistic Strata』などが世界中のフェスティバルや劇場より招聘される。 2009年から振付プロジェクト「Superkinesis」を開始。 他委 託振付作品に、ヨーテボリ・オペラ・ダンスカンパニー『Interfacial Scale』(2013年)、 L.A. Dance Project『Peripheral Stream』(2014年)な どがある。 2014年には、日本の若手ダンサーの育成と、自身のムーブメント・メソッド「Kinetic Force Method」の発展を目的として「Somatic Field Project」を開始。

 

 

 『ナレノハテ』 目黑大路 (鳥取) [再演作品 「踊りに行くぜ!!」ⅡVol.5 Aプログラムより]

「体」は姿勢、動作、在り様のどれをとっても社会的な影響を受ける。能動的であれ受動的であれ、私たちの体はある通念を体現している。従容とした体はもとより、抵抗の体もまた体として、体の枠を出ることはない。果たして、与えられた条件としてある「体」に叛乱を見ること、そしてその契機を見出すことは可能なのだろうか。反/非であることが決定的に拒絶され無力にさらされる体を前に、逃げ水の様に形を変えて、何かを欠いたまま、ふらふらと時に決然と「固定化された体」から逃れていく試み。

作・演出・振付・出演:目黑大路 テクスト・出演:佐々木治己 振付・出演:中西レモン 美術・衣裳:大倉礼子

       

目黑大路/メグロダイヂ   

2001年、アスベスト館に入館。 元藤燁子に師事。 2002年、元藤燁子・大野慶人とのトリオ作品 『大鴉』で注目を集める。 2003年–2010年、室 伏鴻のユニットKo&Edge Co.に立ち上げ時から参加し、世界14カ国、29都市で作品を発表。 平成22年度 文化庁新進芸術家海外研修派遣 制度 研修員。 今一度、舞踏の特性について考え、舞踏的身体の可能性を探り、そして提示することを目指している。


Bプログラム/リージョナルダンス 【全国公募・新作】

振付家・演出家が、作品上演地に滞在し、地元で募った出演者と新作を制作、当地で上演します。

 『けっ!』 岩岡傑(アムステルダム) 

喰うか喰われるかの瞬間、必死にもがく。喰われてたまるか。必死に動く、生ける方へ向かって。死に限りなく近づく瞬間、時は永遠という名の潮流に変わる。その潮の中で、過去と未来が矛盾なく同時並列に立ち現れる。ココハドコダ。正しくココでしかないその場所で、永遠の流れにのまれ、そこであることの意味が、蒸発していくこぼれたガソリンみたく、姿を変え、どんどん消えて無くなっていく。そのツンとくる臭いだけをそこに残して。ソコニナニガアル? 生きる意味など分からなくても、ともかく進む。過ぎた昨日に、まだ見ぬ明日に喰われはしない。喰われてたまるか。ココに何かが輝くかぎり。

作・演出・構成:岩岡傑 アドバイザー・振付:磯島未来 出演:嶋崎綾乃、田中稔、田茂敦 


岩岡傑/イワオカタカシ 

アムステルダム在住のパフォーマンスアーティスト/ダンサー/コレオグラファー。 1997年に渡英、パフォーマンスアートを学ぶ。 在学中よ り自作品を作り始める。同時期にインプロビゼーション(即興)に出会い、それ以降インプロビゼーションに多くの時間を費やす。 2002年よりア ムステルダムに移住、SNDO、Das Artsにて振り付け、パフォーマンスリサーチを研究。 ヨーロッパに住み、切っても切れない自らの東洋的な 文化背景と渡英以来吸収した西洋的な観点との融合を「人とは何か?」という問いへのより全体的なアプローチと考え日々実験中。

 

文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」 

主催:文化庁/NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN) 共催:八戸市

協賛:トヨタ自動車株式会社 アサヒビール株式会社 協力:公益財団法人セゾン文化財団 

 

<企画・制作>

◎全体企画・制作:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)

京都市下京区神明町241 オパス四条503 TEL075-361-4685 jcdn@jcdn.org http://www.jcdn.org

◎八戸公演制作 八戸市まちづくり文化推進室 

八戸市内丸1-1-1 0178-43-9156 machi@city.hachinohe.aomori.jp