栗本知樹氏 講演『デザインの運用~経済効果につなげるデザイン資源の運用アプローチ』

2015年12月16日(水)  13:00〜14:20 (開場 12:30)
八戸工業大学 感性デザイン棟 3階 KDプラザ(八戸市妙大開88-1)


対象:商品開発や地域振興に関わる方

参加費:無料       定員:30名 

人口7,000人の町~宮崎県綾町は、地域資源のデザイン開発によって、わずか1年で確かな経済効果を得ることができた。
その背景には、町の資産作りと位置付けた商品デザインと運用の戦略があった。
綾町デザインプロジェクトを手がけた栗本知樹氏に、商品デザインから運用までの仕組みづくりと資産運用によるシビックプライドの形成効果についてお話してもらいます。

関連サイト→ https://furusato-aya.jp/


栗本知樹氏プロフィール :株式会社ライトパブリシティ クリエイティブディレクター。主な仕事に主な仕事に、全日空、PARCO、WACOAL、アサヒ飲料、カルピス、講談社など。広告やパッケージ、装幀のクリエイティブディレクション、プロデュースを手がける。

※ライトパブリティは1951年に銀座に創業し、日本で初めての広告制作専門会社として半世紀以上にわたり第一線で企業の広告制作を手がけている企業です。

 

主催 八戸工業大学 感性デザイン学科
協賛 (有)静岡屋、弘前地域研究所

お問合せ 八戸工業大学 感性デザイン学科 横溝研究室 TEL:0178-25-8003